トピックス・ニュース | 遺言を無視することはできる? | 上尾相続サポートオフィス

トピックス・ニュース

遺言を無視することはできる?

2012/05/15

ケース

相続財産(遺産)

  1. 全財産

相続人

妻、子供3人

問題点

  1. 夫が「全財産を妻に相続させる」という手書きの遺言書(自筆証書遺言)を残した
  2. 子供が3人いるが、あまり仲よくなく財産分けで揉めそう
  3. 子供が揉めずに財産分けをするならば、妻は遺言を無視するとのこと


このケースの解決事例


有効な遺言書があっても、それに従わなくても問題は無い?
実は遺言書があるのならば、そのまま決まってしまうし、遺産分割協議の余地も無いという最高裁の判決があります。

ただし、実務は相続人全員が合意すれば、それに対して訴える人がいませんから、問題が生じません。

法律上では相続人である受遺者(遺言による財産の受取人)全員が遺言を放棄すれば、遺言がすべて失効するので、相続財産全てが相続人のものとなるので、そこであらためて相続人全員で遺産分割協議をすると考えます。

また遺言書に従わない遺産分割協議書になったとしても、登記所も銀行も全く分かりません。

相続の流れ
  • 行政書士諸井佳子事務所
  • お気軽にお問い合わせください
  • 相続のご相談はこちら
サイトマップ
サイトマップ

行政書士諸井佳子事務所は、埼玉県からのご相談者様にご相談・ご来所いただいております。遺産相続・遺産分割協議書・相続放棄・名義変更・遺言書など相続に関するご相談から面倒な手続き、相続問題でお悩みの方は、ひとりで悩まず、まずは無料相談をご利用ください。また、当サイトには初心者向けの情報から掲載しておりますので、相続に関する情報の取得だけでもサイトをご参照していただければ幸いです。ご相談いただいた方には、遺言書の作成、遺産分割協議書の作成等も含め、ご納得頂けるまでアドバイスをさせて頂きます。

所在地情報
〒362-0023 埼玉県上尾市原市中3-6-16シルクロード原市101号 上尾相続サポートオフィス:行政書士諸井佳子事務所へのアクセス

相続のご相談はこちら。お電話orクリック