トピックス・ニュース | 認知症の方がいる場合の遺産分割協議 | 上尾相続サポートオフィス

トピックス・ニュース

認知症の方がいる場合の遺産分割協議

2012/05/15

ケース

相続財産(遺産)

  1. 定期預金:600万円

相続人

相続人A、相続人B、相続人C

問題点

  1. 相続人Cが認知症である

このケースの問題点

遺産分割協議書を作成する際に、相続人の中に認知症や知的障害者等がいるときは分割協議を進めることができないません。

このケースの解決事例

そこで、相続人Cについては、家庭裁判所の後見開始の審判の申立をします。
成年被後見人とし、成年後見人という保護者を付けます。
そして、成年後見人が成年被後見人(病気の人)を代理して遺産分割協議に参加することになります。ただし、成年後見人は成年被後見人にとって不利な協議はできないので、法定相続分に相当する財産は確保する必要があります。
その結果まとまった遺産分割協議でもって、不動産の名義変更や預貯金の払い戻しが可能になります。

相続の流れ
  • 行政書士諸井佳子事務所
  • お気軽にお問い合わせください
  • 相続のご相談はこちら
サイトマップ
サイトマップ

行政書士諸井佳子事務所は、埼玉県からのご相談者様にご相談・ご来所いただいております。遺産相続・遺産分割協議書・相続放棄・名義変更・遺言書など相続に関するご相談から面倒な手続き、相続問題でお悩みの方は、ひとりで悩まず、まずは無料相談をご利用ください。また、当サイトには初心者向けの情報から掲載しておりますので、相続に関する情報の取得だけでもサイトをご参照していただければ幸いです。ご相談いただいた方には、遺言書の作成、遺産分割協議書の作成等も含め、ご納得頂けるまでアドバイスをさせて頂きます。

所在地情報
〒362-0023 埼玉県上尾市原市中3-6-16シルクロード原市101号 上尾相続サポートオフィス:行政書士諸井佳子事務所へのアクセス

相続のご相談はこちら。お電話orクリック