小規模宅地等の特例 | 相続税を減らす方法 | 上尾相続サポートオフィス

小規模宅地等の特例

小規模宅地等の特例について

対象となる宅地

特例を受けられる人

減額される割合

小規模宅地等の特例の活用例

小規模宅地等の特例について

小規模宅地等の特例について

遺産の中に居住用や事業用に使われていた宅地等がある場合には、その宅地等の評価額の一定割合を減額する特例があります。これを小規模宅地等の特例といいます。

対象となる宅地

対象となる宅地

いずれも、被相続人または被相続人と生計を一にしていた親族が居住用または、事業用(※1)として使用していたものが対象となります。また、その宅地の上に建物や構築物があることが条件になります。

※1:事業規模に至らない、小規模なアパート経営等も対象になります。

特例を受けられる人

特例を受けられる人

相続人あるいは、親族であるかどうかを問わず、その宅地を相続や遺贈によって取得した人。ただし、被相続人の配偶者など特定の者を除き、少なくとも相続税の申告期限まで引き続き居住、または事業を行うことが求められます。居住・事業継続の要件を満たせない場合は、評価減の特例は適用することができません。

減額される割合

減額される割合

sukurin7

宅地の種類 適用面積 減額割合
居住用 特定居住用宅地 240㎡ 80%
事業用 特定事業用宅地 400㎡ 80%
特定同族会社事業用宅地
不動産貸付用宅地 200㎡ 50%

特例の対象となる宅地を取得した人の、それぞれの要件によって減額割合が変わってきます。

 

小規模宅地等の特例の活用例

小規模宅地等の特例の活用例

注意点

老人ホームに入居する際

被相続人が老人ホームに引っ越した結果、空家になった自宅については、以下の状況が客観的に認められる場合に限り、居住用の小規模宅地等の特例の適用が認められます。

不動産・登記・税に関するご相談は、提携の専門家をご紹介致します。お気軽にご相談下さい。

相続の流れ
  • 行政書士諸井佳子事務所
  • お気軽にお問い合わせください
  • 相続のご相談はこちら
サイトマップ
サイトマップ

行政書士諸井佳子事務所は、埼玉県からのご相談者様にご相談・ご来所いただいております。遺産相続・遺産分割協議書・相続放棄・名義変更・遺言書など相続に関するご相談から面倒な手続き、相続問題でお悩みの方は、ひとりで悩まず、まずは無料相談をご利用ください。また、当サイトには初心者向けの情報から掲載しておりますので、相続に関する情報の取得だけでもサイトをご参照していただければ幸いです。ご相談いただいた方には、遺言書の作成、遺産分割協議書の作成等も含め、ご納得頂けるまでアドバイスをさせて頂きます。

所在地情報
〒362-0023 埼玉県上尾市原市中3-6-16シルクロード原市101号 上尾相続サポートオフィス:行政書士諸井佳子事務所へのアクセス

相続のご相談はこちら。お電話orクリック