広大な庭があるような自宅の土地を一部売却する | 小規模宅地等の特例 | 上尾相続サポートオフィス

広大な庭があるような自宅の土地を一部売却する

自宅の土地で、240㎡を超える部分については、小規模宅地等の特例を適用することが出来ないため、思い切ってその部分を売却してしまう方法も有効です。

土地売却代金の有効活用

土地売却代金の有効活用

自宅を建て替える

自宅を取り壊し、更地にした後に一部を売却します。その売却代金を活用して、日常的に居住するための家として建て替えます。そうすると、売却した土地の譲渡益に特例(居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例)を使うことができ、譲渡にかかる税金を減額させることが可能です。

居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例について

マイホーム(居住用財産)を売ったときに、譲渡所得から最高3,000万円まで控除できる特例。この特例は原則として家屋の所有者がマイホームを譲渡した場合に受けられるもので、家屋を取り壊してその敷地だけを売った場合には、原則としてこの特例は受けられません。しかし、家屋を取り壊して、その敷地だけを売った場合でも下記の要件すべてに当てはまるときは、この特例を受けることができます。

要件

ただし、家屋の一部を取り壊してその敷地の一部を売ったときに、残った家屋が居住できる状態になっている場合にはこの特例は受けられません。

不動産・登記・税に関するご相談は、提携の専門家をご紹介致します。お気軽にご相談下さい。

相続の流れ
  • 行政書士諸井佳子事務所
  • お気軽にお問い合わせください
  • 相続のご相談はこちら
サイトマップ
サイトマップ

行政書士諸井佳子事務所は、埼玉県からのご相談者様にご相談・ご来所いただいております。遺産相続・遺産分割協議書・相続放棄・名義変更・遺言書など相続に関するご相談から面倒な手続き、相続問題でお悩みの方は、ひとりで悩まず、まずは無料相談をご利用ください。また、当サイトには初心者向けの情報から掲載しておりますので、相続に関する情報の取得だけでもサイトをご参照していただければ幸いです。ご相談いただいた方には、遺言書の作成、遺産分割協議書の作成等も含め、ご納得頂けるまでアドバイスをさせて頂きます。

所在地情報
〒362-0023 埼玉県上尾市原市中3-6-16シルクロード原市101号 上尾相続サポートオフィス:行政書士諸井佳子事務所へのアクセス

相続のご相談はこちら。お電話orクリック